Profile
越智明美について

JAPANESE-STYLE PAINTER

越智明美は1974年、鳥取県倉吉市生まれ。現在は高知県吾川郡いの町に住む日本画家。夫は日本画家の越智篤史。
高知の暖かい風土と自然の美しさに魅了され、その雄大な自然が育んだ素材を生かした制作活動を行っている。

主に支持体として使っているのは、高知県仁淀川流域で古くから製造されている土佐和紙(高知麻紙・土佐麻紙)。
越智の作品にしばしば使われる銀箔の硫化や様々なテクスチャを表現するためには、
より強靭な高知麻紙がなくてはならない素材となっている。
画材としては、高知の珊瑚職人の協力を得て独自の珊瑚末精製を行う。

土佐和紙(土佐麻紙)について いの町紙の博物館Webサイト

高知の素材と越智明美について いの町紙の博物館Webサイト「和紙の現場を訪ねる 第4回」

また越智は銀箔の硫化によって作り出される玉虫色についての実験を重ね、制作活動に活かしている。
銀箔は経年変化により酸化・硫化が進むと、いわゆる「いぶし銀」となる。
この特性を活かし、銀箔を作品に使うことで、時とともに変遷する作品を楽しんでもらいたいと考えている。

銀箔の経年変化について

銀箔は年月を重ねることにより
銀 → 金 → 青 → 紫 → いぶし銀
と変化していく。
銀箔の変化は、金色から茶色、黒という場合と、金色から紫を経由しての黒など、変化の工程もどうなるのかは環境に依る。ただし、越智の作品では、1年・2年で銀箔が変色しないように銀箔部分に専用コーティングスプレーを吹き付けてある。
いぶし銀、といえば京都の銀閣寺がイメージしやすいだろうか。建立当初は銀色に輝く華やかな見た目であったであろう銀閣寺だが、500年の時を経た現在では、ご存知の通りいぶし銀となった銀箔が、見る者に日本の侘び寂びを感じさせる趣あふれる外観と変化している。

銀箔の硫化を活かした作品はこちらにも
大阪 アートスペースmiyu

Fly water−flea(2015)

銀箔の硫化を活かした作品のひとつ
Fly water−flea (2015)

Akemi Ochi

MY HISTORY

1974
鳥取県倉吉市生まれ
1993
鳥取県倉吉東高等学校卒業
1997
高知大学 教育学部特設美術 教員養成課程卒業
2013
高知大学 総合人間自然科学研究科教育学専攻修士課程卒業
高知の珊瑚職人さんの協力をえて、珊瑚末精製を行う。また銀箔の硫化について実験を重ね、
制作活動にいかしている。

AWARDS&EXHIBITION

高知県展 日本画の部 褒状(5回)
高知県女流展 日本画の部 青潮賞(3回) 推薦(3回)

2013
第23回全日本アートサロン絵画大賞展 自由表現部門 入選
2014
第1回 うたづArt Award 2014 版画・ドローイング部門 入選(香川)
2014
第40回記念春季創画展(東京) 入選
2014
第7回いの美術展 (高知) 絵部門 特選
2014
開館25周年記念中土佐町立美術館大賞展(高知)入選
2015
ART MOVE (2015、2016、2017) 入選
2015
第8回いの美術展 (高知) 絵部門 特選
2012~
グループ展 W2 WOMEN’S WING(高知 かるぽーと)
2012
越智篤史×明美日本画二人展(高知 かるぽーと)
2013
個展「日本画・版画にときどきブローチ」展(高知 風待茶房)
2013
絵の中の女性たちと“はちきん”たちの美の世界展(高知 中土佐町立美術館)
2014
ART Relay TOSA←→SENCHU 7・8月(大阪 千里朝日阪急ビル・アートスポット)
2014
越智明美・山口なな子2人展(鳥取 木アパート)
2015
個展「色の戯れ」展(高知 紙の博物館)
2015
「日本画の楽しみ—新しい表現への挑戦—」(高知 香美市立美術館)
2015
日本画十一人展(高知 FAUST)
2016
日本画、近代の作家と高知のこれから展(高知 中土佐町立美術館)
2016
企画展 どうぶつ展(高知 もりたうつわ製作所)
2017
企画展3人展 さらり ざらり。(高知 星ヶ岡アートヴィレッヂ)
2017
神戸アートマルシェ2017(兵庫 神戸メリケンパークオリエンタルホテル)
2018
Heji-Mostra collettiva degli artisti di Tosa グループ展(イタリア フィレンツェ)

ミジンコ 越智明美 ミジンコ 越智明美